慣れぬ雪 街の黒のら 白まだら

(訳:東京の街に雪が積もった
凍えながら私も黒野良猫も慣れぬ雪道を行く。
そんな彼は雪をまとって白斑らになっている)

10年ほど前に雪が積もった時の句。結構お気に入り。
About 10years ago, I’ve composed this Haiku. My favorite.
※sorry Tanka or Haiku can’t translate into other language.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA